ベッドルームのインテリアコーディネートに重要な10の法則

photo by tommerton2010

photo by tommerton2010

お家の中でのベッドルームでの快眠は絶対に必要なことですよね。

ゆっくり眠れないと疲れも翌日に持ち越したままで、仕事にも家事にも影響が出てしまって健康にも悪影響です。だからこそ、ゆっくりとした時間を過ごしリラックスした状態で睡眠に集中できる環境作りはとても重要です。

誰にも邪魔されたくない大切なプライベートベッドルーム。

一人はもちろん、御主人や奥様、恋人、お子様と一緒に眠る時もそこで眠りにつくすべての人が快適である必要があります。

大きなベッドルームをお持ちで無くても心配はありません。
狭いスペースのベッドルームでも創意工夫次第で快適なベッドルームを作ることは十分に可能です。

というわけで、今回GREMAでは「ベッドルームのインテリアコーディネートに重要な10の法則」というテーマでお送り致します。

 

法則1.「散らかる原因」になるものを全て収納する

photo by sliderobes.com

photo by sliderobes.com

ベッドルームが散らかってしまう要素の物を全て収納することが重要です。

服や本その他の全ての物を収納できる場所をまずは確保しましょう。

ナイトテーブルやワードローブなどを使い収納することを心がけましょう。ベッドルームにこれらの家具が置けない場合は別の部屋や場所に移動させましょう。

 

法則2.ベッドルームの家具のサイズが適正か見極める

photo by tommerton2010

photo by tommerton2010

必要最低限のスペースを確保する為に、間取りに合わせて家具を選びましょう。

特にスペースが限られている場合は快適さを追及する余り、大きなベッドを配置してしまうと掃除が行き届かなかったり、ベッドの上に物を置いてしまうことになりかえって衛生的に良くありません。

スペースの確保が難しい場合は、折り畳みのベッドやお布団に切り替えることも時には重要です。

 

法則3.自然の光や照明を意識することが重要

photo by brookstone.com

photo by brookstone.com

ベッドルームの窓の有無しに関わらず、フロアライトやテーブルライトを置き、ベッドルームを眠りにつきやすい明かりに調整することを意識します。

照明はオレンジに近い電球色などのリラックスできる明かりが良いでしょう。

起床時は窓から差し込む自然の光で体は目覚めを意識します。プライバシーなどが気になる場合はミラーカーテンなどを使いできるだけ自然光を取り入れるようにします。

 

法則4.寝具選びに「こだわる」ことも時には必要な選択

photo by ibbdesign.com

photo by ibbdesign.com

寝具選びに妥協しないという事も時には重要です。

予算と価格の折り合いが悩ましい所ですが毎日寝る場所であるならば、体に合う良質な寝具にこだわってみましょう。価格は高級なものを選ぶ必要性は必ずしもありません。

マットレス・カバー・シーツ・枕・クッションに至るまで体に良い素材や、心地よく眠りにつけて長く大切にしようと愛着を持てる寝具を選ぶことが必要なだけです。

 

法則5.全体のコーディネートは無視できないポイント

photo by zigshot82.deviantart.com

photo by zigshot82.deviantart.com

独立したベッドルームだけの場合でも、1Kでも「ベッドだけが目立たない」ようにインテリアコーディネートすることも大切なポイントです。

例えば、シンプルモダンのお部屋なのにベッドだけは物凄くエレガントというのはアンバランス。

お部屋全体のインテリアコーディネートとのバランスを考えてみましょう。

 

法則6.清潔感があり、かつ清潔であるか

photo by zigshot82.deviantart.com

photo by zigshot82.deviantart.com

清潔感があり、清潔であるかということはベッドルームに限られたことではありませんが、いくら清潔感があっても、清潔でなければ意味がありません。

ベッドは眠る場所。

洗い立てのシーツや干した布団は気持ちが良いです。体にとっても衛生的である必要があります。

 

法則7.気温・空気・湿度はどうかをチェックをする

photo by amwdesignstudio.com

photo by amwdesignstudio.com

ベッドルームの気温・空気の流れ・湿度などはチェックする必要性があります。

エアコンが熱すぎたり寒すぎたり、風通しはどうか、ジメジメとしていないか。

おしゃれにコーディネートされたベッドルームでも不快であれば全くもって意味がありませんし、心地よい眠りにはつけません。

 

法則8.コーディネートは楽しんでも快眠は忘れない

photo by zigshot82.deviantart.com

photo by zigshot82.deviantart.com

ベッドルームに忘れてはいけないのは「快眠する」ということです。

それを考えた上で「ベッドルームはこんな色にしたい!」と憧れのインテリアコーディネートがあるのであれば大いに楽しみましょう。

あなたや家族にとって居心地が良く、ぐっすり眠れることが重要です。

 

法則9.リラックスできる空間を追求することが重要

photo by Yvesanty

photo by Yvesanty

リラックスできるベッドルームと言っても結論は人それぞれです。

一人でも家族と一緒でもリラックスできるベッドルームを追及しましょう。

ベッドルームで映画を観たり、本を読んだり、音楽を聴いたり、あなたやそこにいる全ての人がリラックスできる為には、何が必要で不必要かを追及することが重要です。

 

法則10.理想のベッドルームのアイディアを書き出す

photo by michaelabrams.com

photo by michaelabrams.com

あなたや恋人、家族にとって理想のベッドルームのアイディアを書き出してみましょう。

そうすることで頭の中にあるイメージが可視化出来て、イメージ通りのベッドルームを作る上で

必要なものや行わなければいけない行動が具体的に見えてきます。

 

いかがでしたでしょうか?

理想のベッドルームのインテリアコーディネートにする為の参考にして頂けたら幸いです。

ベッドルームが乱雑にならないようにクリーンな状態を保つことはとても重要です。

お天気の良い日はお布団を干すことも快適にベッドルームで過ごし、ぐっすり眠れることを考えれば楽しくなります。

リラックスして快適に眠れるベッドルームを作りましょう。

 

関連記事

 


こちらもご覧下さい♪

 
GREMA-KIDS

キッズ向けのインテリア情報GREMA-KIDSではこんなコンテンツを用意しています。

・【しかけ絵本サファリ】子供から大人まで楽しめるしかけ絵本の仕掛けとは?

・おままごとおもちゃって一体どれがいいの?

・楽しく学べるおしゃれな子供用パズルがイチオシの理由

 

GREMA-LIFE

おもしろい・知りたいが見つかる生活応援WEBマガジンGREMA-LIFEではこんなコンテンツを用意しています。

・いざという時の転職に役立つ!おすすめ人材紹介会社

・これいいよ!手軽に買えるキッチンアイテム編

・Bluetoothスピーカーはどう選ぶ?おすすめランキング